施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のディスカウントショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトディスカウントショップリサーチ

ショップ情報

ディスカウントショップのビジネスモデル



一般的に多くの生活用品などを取り扱い、一時的なセールではなく、常に低価格で商品を提供する安売り店のことを総じてディスカウントショップと呼びます。通常の価格よりも安く商品が売り出されていますが、いったいどのようにして売り上げを伸ばしているのでしょうか。ここでは、ディスカウントショップのビジネスの仕組みや、価格設定の方法などを紹介していきます。

ディスカウントショップのビジネスモデル

ディスカウントショップのビジネスモデル

ディスカウントショップのビジネスモデルとして、特徴的なのは 店舗費、人件費、広告費、包装費などの削減による、ローコストオペレーションな「薄利多売」運営です。安く売っても利益を出せるよう現金で商品を大量に仕入れ、商品の単価を下げています。「いかに安く仕入れることができるか」。ディスカウントショップの経営では、まず「仕入れ」が重要な鍵となります。

ドン・キホーテの戦略とは

国内ディスカウントショップとして有名な「ドン・キホーテ」は、経営戦略として「圧縮陳列」という特徴的な戦略をとっています。あえて煩雑な空間を演出することにより、特に買いたい訳でもないのについつい手に取って買ってしまう「ついで買い」など、他の小売店とは違った陳列をしています。また、店内の横・縦のスペースを存分に活用し、商品をびっしりと並べることで、商品整理の手間・人件費を削減しています。その他にも、着ぐるみなどの特徴的な娯楽商品の大量仕入れや、派手な蛍光灯で街を照らす夜間営業など、様々な要素が差別化戦略の大事な要素となっています。

ディスカウントショップの仕組み・価格設定

ディスカウントショップが商品価格を低く設定できる理由のひとつとして、チェーン展開があります。地方都市や郊外にもチェーン展開することで、広いマーケットを獲得できます。中央の本部が販売計画を立て一括大量仕入れで安価に入荷したものを各チェーン店に流通させます。利益は、商品を売り切ることで上げています。その他にも、仲介業者を通さずに直接自社で大量に仕入れてコスト削減を図ることで、低価格販売が実現します。

ディスカウントショップに関する用語

直接仕入れ直接販売が当たり前となっているディスカウントショップですが、知っておきたい仕入れ用語などのいくつかを紹介します。

上代(じょうだい)
定価のことを指します
下代(げだい)
仕入れ価格のことを指します
注残(ちゅうざん)
納期が遅れている注文のことを言います

専門用語も理解しておくことで、ディスカウントショップの仕入れの仕組みをより深く知ることが可能です。