施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のディスカウントショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトディスカウントショップリサーチ

ショップ情報

トポスについて



ダイエーのディスカウントショップ「トポス」について説明します。2013年現在では、ダイエーが、トポス北千住店を他の総合スーパーと区別していないため、ディスカウントショップであるとは表記していません。

ダイエーによるトポスの店舗戦略と成り立ち

ダイエーによるトポスの店舗戦略と成り立ち

トポスはダイエーによるディスカウント業態の総合スーパーです。1980年に岡山県柳川に1号店がオープンしました。駐車場が少なく売り場面積が広くて、多様な商品を大量に取り扱うという当時は非常に珍しかった形態で、高い人気を集めました。日本各地で展開され最盛期には全部で21店舗のトポスがありました。1980年代に大量出店しましたが、1992年以降、新規出店はしていません。

2005年にダイエーが社章を変更し、店舗改革を行なったことで2007年までに多くのトポス店が「ダイエー」に業態展開、あるいは閉店しました。2010年に尼崎店が閉店し、2013年現在ではトポス北千住店のみがトポス業態を残したまま運営しています。

トポスにおける販売の特徴

ダンボールに商品を積み重ねて、ラックなどの什器をほとんど使わない倉庫型の販売形態をとっていました。店内は黄色と黒で統一され、安価な商品を大量に陳列・販売していました。また、出店当時にはインテリア等も大量に販売していましたが、現在はこのような販売形態はとっておらず、他のダイエーと同じように総合スーパーの業態になっています。

丸信から業態展開したトポス北千住店

トポス北千住店の前身は、「丸信千住店」でした。中国地方で展開していた丸信にとって東京で唯一の店舗だったため、仕入れ上の問題などもあり店舗の効率化を図るべくダイエーと提携、「マルシンダイエー」を設立して1977年にダイエー北千住店としてオープンしました。その後、1981年に現在のトポス北千住に業態変換しました。

食料品フロアである地下1階から地上4階は、ぎっしりと商品が積み重ねられています。その他、日用品・衣料・生活用品・キッチン用品・雑貨・文房具など多数の商品を扱っています。

独自ブランドなどはありませんが、ダイエーのプライベートブランドを扱っています。毎週木曜日には「木曜の市」というセールを行なっています。

トポス北千住店の駐車場

トポス北千住店は駐車場がないため、車で訪れる場合は近隣のコインパーキングを利用する必要があります。

トポス北千住店の営業時間

通常は朝9時から夜22時まで営業していますが、2階から4階と、1階の専門店は夜21時までの営業になります。また、JR北千住駅西口から徒歩5分なので、駅からのアクセスは便利です。