施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のディスカウントショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトディスカウントショップリサーチ

ショップ情報

フレンドマート・Dについて



ニチリウグループの中核企業である平和堂が運営するディスカウントショップ「フレンドマート・D」について説明します。

平和堂の小中規模店「フレンドマート」

平和堂の小中規模店「フレンドマート」

滋賀県を中心に近畿地方に多くの小売店を持つ平和堂は、特定地方への大量出店を特徴とするドミナント戦略で出店計画を立てています。琵琶湖を囲むように多くのグループ企業や小売店を持ち、「琵琶湖ネックレスチェーン構想」によって多様な店舗を出店しています。このような平和堂の店舗は大規模店「アル・プラザ」と、テナント型商業施設「フレンドタウン」、小中規模店「フレンドマート」「スーパーフレンド」のそれぞれのブランドを展開しています。また、多数の子会社やグループ企業による店舗もあり、特に「フレンドマート」は、滋賀県を中心に京阪地域にも出店しています。コンビニのような店から大きな駐車場をもつ店まで様々ですが、その中でディスカウントショップ形態を参考にして商品の低価格販売を行なっているのが「フレンドマート・D」です。

低価格を実現する「フレンドマート・D」の特徴

ディスカウント実験店として売り場の再配分、不要什器の撤廃などの効率化を図り2004年に改装オープンしたのが小柿(おがき)店です。他のディスカウントショップチェーンに比べると、内外装の極端な簡素化などはされておらず、一般的な総合スーパーに近い店舗形態になっています。省力化や効率化による低価格化を実施しています。

他のフレンドマートとの違いとしては、平和堂グループで行なっているサービスの幾つかが利用できないところにあります。例えばギフト包装や、平和堂商品券の利用はフレンドマート・D各店では利用できません。クレジットカードや平和堂グループで利用されているポイントカード「HOPカード」の利用は可能です。また、生鮮食品などの品揃えもフレンドマート各店と共通するものが多く、大きな差別化は図っていません。プライベートブランドも平和堂やニチリウグループの「くらしモア」を販売しています。

フレンドマート・Dの店舗

旧平和堂であった店舗を改装した店舗が多かったのですが、新規出店はしていません。2013年現在、フレンドマート・Dの店舗は、滋賀県近江八幡市にある武佐(むさ)店と、栗東市(りっとうし)にある小柿店の2店舗があります。