施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のディスカウントショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトディスカウントショップリサーチ

ショップ情報

ディスカウントショップ業界の問題点



ディスカウントショップだけではなく、小売業界全体の問題として、日本の少子高齢化が挙げられます。消費のメインである若者が減り、需要が縮小していくのは明白です。また過度の価格競争は資金繰りの悪化など経営難に繋がってしまう恐れもあります。こうした問題点を改善するために、様々な取り組みが行なわれています。

ディスカウントショップ業界が抱える問題

ディスカウントショップ業界が抱える問題

少子高齢化や過度の価格競争以外にも、小売業界は様々な問題を抱えています。

他業界との顧客獲得争い

従来では業界ごとの垣根は明確で顧客を取り合うことはありませんでしたが、近年ではコンビニやドラッグストアなどが今まで取り扱っていなかった商品を取り扱い始めました。その影響で、業界ごとの垣根が曖昧になり、顧客獲得のための競争が激化しています。また、コンビニやドラッグストアなどは店舗数が多く、新たに店舗を出店しても顧客を奪い合う結果になり安定した収益が見込めません。そのため、出店用地の選別も重要な課題となっています。

価格競争により表立った課題

24時間営業のコンビニやアウトレット専門店の店舗拡大に伴い、ディスカウント業界では、激しい価格競争が行なわれています。低価格を維持するために粗悪品が出回ったり、人件費を削減してサービスが低下したりするなど、ディスカウントショップでは厳しい経営が迫られています。これを受けて、仕入れ値を引き下げるための独自の物流システムの構築や、販売管理費とサービスのバランスなどへの取り組みが早急に進められています。

低価格競争からの脱却

価格競争が激化するディスカウントショップ業界では低価格志向の消費者単価の向上が課題となっています。価格競争下では、競合他社との値引き合戦や商品の価格破壊を生み、徐々に企業体力を失っていきます。そのため、値引き合戦や価格破壊により崩れてしまった価格を、いかにして消費者に高く感じさせず、買ってもらえるかが重要になります。

課題に対する取り組み

価格競争により商品の安さだけでなく、品質とのバランスが求められるようになり、ディスカウントショップでもプライベートブランド商品を取り扱う店舗が増えてきました。ブランドイメージの定着のためには宣伝や広告ではなく、商品のクオリティや価格の見直しはとても効果的です。「なぜ安いのか」、「品揃え」、「こだわりのポイント」など、オリジナリティを前面に押し出したイメージ戦略で競合他社との差別化を行ない、価格競争により疑問視された品質のイメージの向上に取り組んでいます。