施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のディスカウントショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトディスカウントショップリサーチ

ショップ情報

ドン・キホーテの歴史と概要



東京都目黒区に本社を置くディスカウントショップ「ドン・キホーテ」の歴史と概要について説明します。 常時深夜営業、圧縮陳列を特徴とする「ドン・キホーテ」は、現在の日本において知らない人がいない程有名なディスカウントショップにまで成長しました。そんな「ドン・キホーテ」の歴史や、働く人の役割、経営戦略などについて紹介していきます。

ドン・キホーテの成り立ち

ドン・キホーテの成り立ち

「ドン・キホーテ」は、主に関東地方の都市に店舗展開しています。その店舗のほとんどが、長時間の深夜営業、または24時間営業であることが最大の特徴です。「圧縮陳列」と呼ばれる陳列方法を採用している店内は、隙間なく商品が並べてられており、ついつい買ってしまう「ついで買い」を狙い、店内は迷路のような作りになっています。買い物客に目当てのものを探し当ててもらう、ある種の"宝探し的"な要素を持たせていると言われています。その「ドン・キホーテ」は、1978年に安田隆夫が「ドン・キホーテ」の原点となる小規模店舗「泥棒市場」を杉並区上荻4丁目に開業させたことが始まりです。その数年後には、 小売業へ業態を変更し、第1号店を府中に出店しています。その後、1995年には、商号を株式会社ドン・キホーテに改称し、全国に数十店舗を展開しています。

ディスカウントショップで働く人、それぞれの役割

「ドン・キホーテ」の経営戦略とマネジメントは大きく2つに分けることができます。「差別化戦略」と「コスト・リーダーシップ戦略」の2つです。「差別化戦略」は、他の企業が持たない特徴を打ち出し、競争に勝とうとする戦略です。その最たる例は、上記にも述べた「圧縮陳列」です。 通常の店舗陳列では、「見やすさ、買いやすさ、取りやすさ」をまず意識して陳列棚を作ります。しかし、「ドン・キホーテ」はあえて、「見づらく、買いにくく、取りにくい」迷路のような売り場にしています。そうすることで、お客さんに多種多様の商品を見てもらうことを可能にしました。もうひとつの差別化は、深夜営業です。その営業時間帯を開放することにより、昼と夜で全く違った顧客層を確保することに成功しています。 「コスト・リーダーシップ戦略」は、他社のどこよりも低いコストを実現することにより競争に勝とうとする戦略です。この2つの戦略により、「ドン・キホーテ」という、新しいジャンルを作り出すことに成功しました。深夜営業や独自の陳列方法はお客さんの心を確実に掴み、「ドン・キホーテ」はディスカウントショップの代名詞的存在へと成長しました。