施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のディスカウントショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトディスカウントショップリサーチ

ショップ情報

ドン・キホーテが行なう差別化



ディスカウントショップでは、低価格での販売を実現しています。低価格販売のため、仕入れコストの削減や、その他コストを限界まで削減しようと努力しています。ここでは、様々なディスカウントショップの戦略を例に挙げたあとに、ドン・キホーテが行なう差別化戦略を詳しく紹介します。

ディスカウントショップの戦略

ディスカウントショップの戦略

一般的なディスカウントショップの戦略の例として

  • 週の売上げの大半を占める土、日曜日だけの営業にして効率的に売上げを上げる
  • 人材のコストを削減する
  • 返品なし、完全買い取りで安く商品を仕入れる
  • 店内の天井を低く設定、建材費を削減する
  • 店内照明を落としてコストを削減する

などが挙げられます。様々な方法によって「コストをどれだけ抑えることができるか」が商品低価格化実現の要となっており、各社様々な工夫を行なっています。

他社との差別化

数あるディスカウントショップの中でも、東京都目黒区に本社を置きディスカウントショップをチェーン展開する会社「ドン・キホーテ」は様々なサービスや経営戦略で、圧倒的な低価格化や、他との差別化を実現しています。ドン・キホーテが行なう差別化や、キャラクターや歌などを使ったアミューズメント性、その他のサービスについて紹介します。

代名詞となった「圧縮陳列」

ドン・キホーテが行なう差別化の代表として、「圧縮陳列」と呼ばれる陳列方法があります。従来のディスカウントショップをはじめ、多くの小売店は、店内を広く清潔に整理していました。しかし、ドン・キホーテはそのような小売業界の常識を大きく打ち破りました。店内の至る場所に商品を並べ、意図的に見づらく、複雑で煩雑な店内作りをしたのです。一見雑に陳列されているように見える店内ですが、ジャングルを連想させ、買い手も新しい何かを発見するかのような感覚で買い物ができます。さらに、店内の様子が常に変化するよう、棚に並べる商品を早いサイクルで入れ替えています。そのため、買い物客は、いつ来ても新鮮な気持ちで買い物を楽しむことができるのです。ジャングルのような迷路をさ迷ううちに、買う気がなかった物でもついつい買ってしまう、消費者の心理をついた巧みな戦略が圧縮陳列には仕掛けられているのです。

歌・キャラクター、その他のサービス

陳列だけでなく、ドン・キホーテで起用されている歌やキャラクターなどのアミューズメント性も戦略のひとつです。一度聴いたら覚えてしまう軽快なメロディは、購買意欲を高める遊び心が盛りだくさんです。その他にも、「1円玉無料サービス」などの、従来では考えられないサービスの実地もドン・キホーテの魅力です。