施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のディスカウントショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトディスカウントショップリサーチ

ショップ情報

Plus(ドイツ)



流通において「小売」とは、生産者及び卸売業者から商品を入荷し、最終消費者へ販売する業者のことを指します。ここでは、ドイツの小売業店「Plus」について説明します。

Plusとは

Plusとは

Plusは、ドイツの大手小売企業テンゲルマン・グループが設立したディスカウントショップです。ドイツでも有数のスーパーマーケットとして有名で、ポップなイラスト付きのオリジナルエコバックで人気を博しています。

ドイツのスーパーマーケット事情

ドイツには実に多彩なマーケットブランドがあります。代表的なブランドを挙げてみると、複数の小売会社を傘下に置いているドイツの大手企業Edeka、同じくドイツを基盤とするボックスストアの大手チェーン店ALDI、プロ専用の会員制スーパーMETRO Cash&Carryなどが有名です。他には、有機食品を中心に取り扱うBioスーパーALNATULA、幅広い品目を取り扱う総合ストアREWEなどが人気を集めています。

Bio
Bio(ビオ)とは、ドイツ語で「オーガニック」という意味です。

ディスカウントショップ「Plus」の概要

では、ドイツのディスカウントショップ「Plus」について見てみましょう。

Plusの歴史

1972年、大手小売企業テンゲルマン・グループは、ドイツにて割安さを売りとした小売店Plusの一号店をオープンしました。Plusは順調に業績を伸ばしていき、ドイツ国内での事業拡大はもちろんのこと、ハンガリーやチェコなどへの出店進出も積極的に行なっていきます。1993年にはテンゲルマン・グループの100周年を、そして1997年にはPlusの創業25周年を迎えました。さらに、2000年代には、ポルトガル、ルーマニア、ブルガリア、オーストリアなどにも出店範囲を拡大し、Plusは国際的なブランドチェーン店として有名になります。しかし、2008年にテンゲルマン・グループはPlusを売却し、国内外の各店舗はドイツのEdekaグループ、同じくドイツの大手総合スーパーREWE、ハンガリーの大手スーパーチェーンSparなどに吸収合併されました。

大手小売企業「テンゲルマン・グループ」について

テンゲルマン・グループは、ドイツのファミリーカンパニー(同族経営会社)です。1867年にコーヒーや紅茶の卸売会社として起業して以来、コーヒーの輸入ビジネスや、チョコレート工場の運営、セルフサービス式スーパーマーケットの経営、ディスカウントショップの起業、繊維貿易ビジネスへの参入など、様々なビジネスモデルに挑戦していきました。現在は電子商取引に力を入れており、ヨーロッパ圏に多くの従業員を抱える大企業として成長を続けています。