施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のディスカウントショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトディスカウントショップリサーチ

ショップ情報

ディスカウントショップとマグネット



「マグネット」とは、顧客を引き付ける磁場(マグネット)になる売り場のことで、効果的にこのマグネットを配置することによって、お店側が理想とする方向へ顧客に歩いてもらえます。そうすることで、より満足度が高い買い物をしてもらえるように誘導することができるのです。

店内の流れを意識したマグネット配置

店内の流れを意識したマグネット配置

ディスカウントショップでは、売り場面積が広い店舗が多く、マグネットを効果的に配置して顧客の流れの誘導を行なっています。売り場の陳列を工夫して演出を加えることで顧客の注目度を上げ、販売促進効果が期待できます。マグネットを意識した陳列では、陳列法だけではなくPOPの併用や、より効果的な商品の陳列を行なうことが大切です。商品の売れ行きだけではなく、顧客の店内での流れを意識した陳列を行なうことで、行き当たりのコーナーでも商品の販売数を上げることが可能です。

第一マグネット

第一マグネットとは、主通路沿いで店内の外周を一周する壁沿いの売り場のことを指します。来店をした顧客が見て回る確率の高い売り場で、ここに日用品や生鮮食品などの購入頻度の高い物を陳列することで、効果的に買い物を行なわせることができます。

第二マグネット

第二マグネットとは、通路の突き当たりにあるコーナーで、通路の曲がり角などの売り場を指します。顧客が商品を探す際には、通路を歩きますが目的の商品を見付けたらそのままレジへ向かってしまうことも少なくありません。第二マグネットに注目度の高い商品を配置することによって、顧客の売り場滞在時間を延ばして、「ついで買い」を促すことも可能になります。そのため、このマグネットに話題の商品や季節感のある商品を配置したり、特価品を配置したりすることで顧客を引き込んでいる店舗も多くあります。ディスカウントショップでは、POPを活用して顧客を引き付ける店舗もあります。

第三マグネット

第三マグネットとは、陳列棚の両端にある売り場のことで、どんな商品が売り場に陳列されているかを、分かりやすくする効果があります。第三マグネットに醤油があれば、その列は調味料売り場だと分かるので、売り場案内よりも顧客に分かりやすくアピールをすることが可能です。また第三マグネットでは単品もしくは限られた数種類の商品を大量陳列することが多いです。これは大量に売れる商品を大量に陳列することで、より販売促進効果が期待できるからです。ディスカウントショップでも売り上げをアップさせるために、この第三マグネットに新入荷の商品や注目の商品を大量に陳列している店舗が多くあります。

第四マグネット

第四マグネットとは、陳列棚にある目玉商品の売り場です。最も買ってもらいたい商品をここに陳列することで、お客さんの注目を上げることが重要です。陳列量を増やしたりPOPで注目を集めたりすることで、さらに売り上げを伸ばすことができます。