施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のディスカウントショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトディスカウントショップリサーチ

ショップ情報

サプライチェーン・マネジメント



「サプライチェーン・マネジメント(SCM)」とは、複数の企業の間で統合された物流システムを構築することを指します。経営効果を上げるためのマネジメントシステムとして注目を浴びており、無駄を排除し徹底的なコスト管理を行なうことで、より効果的な企業経営を行なうことができます。日本では「一気通貫経営」とも呼ばれているマネジメント方法です。

サプライチェーン・マネジメントとは

サプライチェーン・マネジメントとは

サプライチェーン・マネジメントとはそもそも、1983年にアメリカのコンサルティング会社で考案された商品管理システムです。必要な商品を必要なときに、必要な数を用意できるよう、チェーンに参加している企業間で共有するネットワークで管理を行ない、商品の過剰在庫や過剰生産を防ぐ仕組みです。ディスカウントショップでは薄利多売の店舗が多く、取扱商品は多岐にわたります。過剰在庫を抱えないようにするためには、徹底した在庫管理とコスト管理が必要不可欠です。低価格で商品を提供するだけではなく、顧客のニーズに合わせた商品を適切に提供することで、サービスレベルの向上を図り、売り上げを伸ばすことができます。

サプライチェーン・マネジメントのメリット

サプライチェーン・マネジメントを行なうことで、参加企業間の在庫を適正な数に保つことができます。余剰在庫を抱えずに必要な数を保つことができるのです。さらに高度化・多様化する顧客のニーズに迅速に対応することで、競争力を上げることができます。またサプライチェーン・マネジメントに参加することで、商品在庫管理だけではなく、商品開発力を上げることもできます。

在庫を可視化するメリット

商品の在庫を可視化することで、商品の売れ行きを把握できるだけではなく、需要を予測し適切な発注をすることも可能です。

商品開発力の上昇

プライベートブランド(PB)商品を展開しているディスカウントショップでは、サプライチェーン・マネジメントに参加することで、顧客ニーズを正確に掴み、徹底したコスト管理で商品を開発することができます。また商品開発にはメーカーとの契約や交渉が必要になりますが、サプライチェーン・マネジメントで企業間のネットワークを維持することにより、調整コストが削減され迅速な商品開発を行なうことも可能になります。迅速な商品開発が可能になれば、商機を逃さず競争力の高い商品を市場に投入することができるので、売上を伸ばすことが可能となります。