施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のディスカウントショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトディスカウントショップリサーチ

ショップ情報

ナショナルチェーンと
リージョナルチェーン



様々な地域で複数店舗を出店するチェーンストアの規模を説明するときに、よく使われる「ナショナルチェーン」と「リージョナルチェーン」という用語について説明します。さらに「ローカルチェーン」という語を加えて、これらの関係についても説明します。

商圏と商勢圏

商圏と商勢圏

チェーンストアのあり方について説明する前に、まずキーワードとなる「商圏」と「商勢圏(しょうせいけん)」といった区域についての用語を説明します。

商圏
店舗の規模にかかわらず、ひとつの店舗の影響が及ぶ範囲のことです。商圏とはあくまでも一店舗の影響範囲を示します。
商勢圏
複数の店舗の勢力が及ぶ範囲のことです。商圏の束による区域とも言えるでしょう。あるブランドを集中的に出店することで、需要の50%以上を獲得することを目的とします。「神奈川県を中心にチェーン展開」などのように、便宜的に行政区分(近畿、首都圏等)で呼ぶこともあります。基本的には出店区域や、物流、地域人口などで単位が決まります。
ドミナントエリア
チェーン展開において、特定地域に投資を集中することで大量出店と大量の広告を打ち出し、ブランドの売上占拠率(シェア)が65%以上占めるエリアのことです。商勢圏における勝者とも言えます。このような集中投資によってドミナントエリアを増やしていく戦略を「ドミナント戦略」と言います。

ローカルチェーン

ローカルチェーンとは、ひとつの商勢圏に、11店舗以上出店しているチェーンストアのことを言います。出店している商勢圏は必ずしも地方とは限らず、東京都内のみに出店している場合でもローカルチェーンと言います。上京したての大学生などが「あの店は全国区だと思っていたけれど、東京にはなかった」と話題にすることがありますが、ローカルチェーンのブランドではよく起こることです。ローカルチェーンは、互いに同じ商圏に出店することで、物流や広報などで大きなメリットを得ることができるので、ブランドのチェーン展開の際には、まずはこの方法で小さくスタートをします。

リージョナルチェーン

リージョナルチェーンとは、2つ以上の商勢圏に展開しているチェーン店のことです。2つのローカルチェーンを持つブランドとも言えるでしょう。全国展開をするのではなく、複数の地域で集中出店しているブランドのことを指します。展開する商勢圏は必ずしも隣接している必要はなく、むしろ商勢圏を獲得した区域から離れて展開したほうが有利だと言われています。

ナショナルチェーン

ナショナルチェーンとは、2つ以上のリージョナルチェーンを展開しているブランドのことを指します。最小では4つのローカルチェーンを持っているとも言えますが、そこまで小規模なナショナルチェーンは珍しく、一般的に全国規模で展開していることが多くなっています。商勢圏を獲得しながら拡張して強い販売網を作り、人材を育て、独自商品の開発とその大規模な販売を行なえるのが、ナショナルチェーンであると言えます。