施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のディスカウントショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトディスカウントショップリサーチ

ショップ情報

ディスカウントショップの
エリアマーケティング



マーケティングには様々な手法が存在しますが、ここでは地域ごとの特性に合わせた商品展開を行なう「エリアマーケティング」について説明します。

地域と生活に密着するエリアマーケティング

地域と生活に密着するエリアマーケティング

エリアマーケティングとは、地域ごとの生活習慣や環境、商勢圏の差異を重視するマーケティング手法です。対義語として、対象を限定しないで行なうマスマーケティングがあります。

エリアマーケティングは最初から売りたい商品や顧客ターゲットが存在している場合に有効です。この手法は、ディスカウントショップなどでもよく用いられ、出店エリアの特長を生かした商品を提供することにより、競合店との差別化を図っています。また、エリアマーケティングによる分析は、商品販売のみならず販促活動にも活用されています。近年ではより精度の高い分析が可能なGIS(地理情報システム)と連携したエリアマーケティングも行なわれています。

エリアマーケティングのプロセス

エリアマーケティングにおいて重要とされるのが「需要構造の分析」、「競合構造の把握」、そして、「環境要因への対応」です。

需要構造の分析

エリアマーケティングでは、販売地域の需要と供給のバランスを見定めます。こうした地域ごとの需給のバランスやそれが生み出される背景を「需要構造」と言います。出店地域の人口比率や、生活習慣、風習や世代分布などから、現在売れている商品や季節ごとに売れる商品の消費動向が把握できます。そして、これらの商品がなぜ売れているのかを分析した上で、販売するアイテムや出店店舗や販売商品の需要を予想します。これらはアンケートなどから、様々な統計学的手法を使って導き出すことができます。

競合構造の把握

いくら地域の売れ筋商品が分かったとしても、競合店が多数ある場合や、その商品の販売で地域に定着している競合店舗があった場合、高い販売率は期待できません。競合店舗がいくつあり、それらがどのような特色を打ち出しているのか、これから出店する店舗はどのような特色を打ち出したら良いのか、こうした販売に関する競合要因の分析を「競合構造」と言います。

環境要因への対応

店舗の売上は、地域の環境にも左右されます。駅や高速道路のICなどが近郊にある場合や、学校や企業の進出といった経済的な理由だけではなく、あるいは店舗のある地域が経済特区に指定されるなど政策的な影響もあります。また、暖冬や異常気象などの気象状況も勘案して商品陳列などを変更します。こうした周辺の環境分析もエリアマーケティングの重要な要素と言えます。