施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のディスカウントショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトディスカウントショップリサーチ

ショップ情報

ディスカウントショップの
開店資金はどのぐらい必要か



ここでは、ディスカウントショップの開店にあたって、どの程度の資金が必要になるのかを説明します。

ディスカウントショップ開店時に必要となる経費

ディスカウントショップ開店時に必要となる経費

開店前には、どのような経費がかかるのでしょうか。土地代や建物代はそれぞれ出店地域によって大幅に異なるので一概には言えませんが、それ以外にも様々な経費がかかります。大きくは、内外装の工事や機械設備の充実を図る「設備工事費用・什器備品費」と、広告宣伝費や人件費をはじめとする「開業費」があります。店舗を継続して運営するためには、他にも運営費がかかります。

店舗の設備工事や什器備品にかかる費用

内外装工事では、どのような店舗にしたいのかのコンセプトが最も重要ですが、ディスカウントショップは低価格を売りにしているため、内外装はシンプルな店舗が多く、他の業態に比べれば比較的安価に済みます。その他、空調やレジなどの機械設備費もかかってきます。ダンボールを重ねただけで販売しているディスカウントショップもありますが、什器や備品を使うのであればこの代金もかかります。その他にもPOSシステムとよばれる在庫管理や、受発注管理を行なうシステムを導入する必要も出てきます。

お店の規模にもよりますが、店舗関連では数百万円の経費がかかってきます。

開業前にかかる人件費や広告費

開業前には、様々な経費がかかります。広告宣伝費や求人広告費、ホームページの作成費、開業前のスタッフの育成や開業前の賃借料、また問屋への挨拶まわりや、出店地域によっては、弁護士や司法書士会に法律上の相談などを行なう必要があるでしょう。また現金問屋などによる独自の流通ルートの開拓や、安価なプライベートブランドの調達にも資金が必要な場合があります。

こちらも、お店の規模にもよりますが、数百万円程度の経費を見積もっておく必要があります。

開業後のビジネスプランの策定と損益計算のシミュレーション

しかし開業前に資金を使い切っては、ディスカウントショップの運営はできません。そうならないように、ビジネスプランの策定が必要です。まずは売上計画を立てます。年間営業日数、客単価、日割りの平均客数、年商、そして平均日商です。これらの売上計画に基づいて、開業資金の償却期間を設定し、商品の売買による損益計算をします。思ったように売上が伸びない場合などには、これらの見直しが必要です。ある程度顧客が付いてきたら、本格的にマーケティングやマーチャンダイズを行なうことになります。チェーン店のように、近隣に姉妹店があればその情報を参考にすることができますが、そうではない場合は開業後に情報を集めなければなりません。