施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のディスカウントショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトディスカウントショップリサーチ

ショップ情報

ディスカウントショップにおける
集客方法と顧客の確保



スーパーマーケットや家電量販店のように、定期的にチラシを用いて宣伝することは、その店舗の名前や場所を覚えてもらい、どのような商品が安いかを知ってもらうことができます。オープン時には、まずお店の認知度を上げることが重要になりますので、定休日、営業時間、店名、地図、電話番号などは、どんな人にも分かりやすく掲載する必要があります。店の場所が分かりにくい場合、目印となる建物や、そこからの行き方も書く方が親切でしょう。

効果的な集客方法とは

効果的な集客方法とは

集客方法は様々ありますが、チラシにおいては、内容だけではなくその色やデザインによっても店舗イメージを伝えることができるので、こちらの伝えたいイメージが伝わるデザインを意識して制作することが大切です。目指している店舗があれば、そのお店のチラシを参考にするのも有効です。チラシには取扱商品と価格を載せるのが基本ですが、限定商品の商品数を掲載したり、タイムサービスの情報を載せたりするなどの工夫を行なうことによって、さらに集客効果を上げることも可能になるでしょう。

また、知名度が低いうちは、特売などのイベントやキャンペーンをこまめに行なっていくのも効果的です。赤字覚悟の限定商品や、「来店者先着100人に粗品をプレゼント」など、他店のキャンペーンなどを参考にしながら工夫しましょう。

そして、インターネット上にも地域情報などを扱うサイトが多数あるため、掲載可能なウェブサイトを探してみるのも有効です。掲載料が必要なサイトもあれば、無料で載せることができる場合もあります。さらに、店舗のホームページやメールマガジンもあれば、それらによる宣伝も効果があるでしょう。

顧客を確保するには

一度来店したお客様に再び来店してもらうためには、2つの側面が重要になります。ひとつは「来て良かった」と思ってもらう要素、そしてもうひとつは「来なければよかった」と思われないようにする要素です。

前者は、ある商品が思ったより安く買えたり、買おうと思っていた商品よりも質の良い商品が見付かった場合など、お客様の期待に応えたり、それ以上の体験をしてもらうことによって実現できます。仕入れに力を入れたり、商品の配置を工夫したり、サービスの質を向上することによって可能となるでしょう。

後者は顧客に悪いイメージを与えてしまわないようにする努力です。不良品や品切れ、店員の悪い態度などはマイナスの影響を与えるので改善する必要があります。こまめにチェックし、お客様の声をくみ取るためのアンケートを行なうなどの工夫でこれらを未然に防ぐことも可能です。

この両面の質を高い状態で保つことによって顧客の確保が可能となります。しかし競争の激しい地区や取扱商品によっては、さらなる創意工夫が必要です。その場合は個別に競合店に勝てる部分を研究していくことや、低コストでできる実験的な試みを繰り返していくことが有効と言えるでしょう。