施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のディスカウントショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイトディスカウントショップリサーチ

ショップ情報

成功しているディスカウントショップの
秘密は(海外編)



便利で経済的なディスカウントショップは、世界的に展開しています。例えばウォルマートは、2013年1月期の売上高が4,661億ドルという大企業です。このウォルマートを例にとって、海外で成功しているディスカウントショップの仕組みをご紹介します。

店舗構成

店舗構成

2013年1月末において、ウォルマート・ストアーズ社の店舗は世界に1万773店あり、インターナショナル店舗数は6,148店です。アメリカ国内の店舗はスーパーセンター、ディスカウントショップ、サムズ・クラブ、スーパーマーケット、スモールフォーマットと複数の種類の小売店を展開しています。そのうち、ディスカウントショップは561店舗です。

低価格の理由

2013年度の年間報告書によると、ウォルマートの戦略の要は「エブリデーロープライス」で、今日お客様が求めているのはワンストップショピングの便利さであるということです。そして同社は日常品と娯楽用品からスポーツ用品と工芸品までを提供し、広い分野に投資をすることで低価格を提供しています。

エブリデーロープライスの強化

ウォルマートはベストプライスを維持するために、供給者と連係しています。2013年度の年間報告書によると、同社は次の10年間で、5,000万ドルのアメリカの商品を調達する予定です。また同社はコスト削減のため、店舗運営につながるサプライチェーンを構築します。生産性戦略により店舗の管理費用を抑えると同時に、優れたカスタマーサービスを提供するということです。

従業員を増やす

2013年1月末の従業員は世界で合計220万人以上です。2013年度の年間報告書によると、ウォルマートは次の5年間で、退役兵士10万人の熟練者を雇用することを決定し、それによってさらにチームを強化する予定です。

イーコマースと店舗の統合

2013年度の年間報告書によると、ウォルマートは店舗とオンラインが統合されたショッピングを提供しています。同社は4,000以上の店舗、物流の効率性、イーコマースソリューションにより、週に何百万もの商品をお客様に、便利で柔軟な配送サービスで届けています。そして同社はウォルマートドットコムのサーチエンジンを改良して、モバイルソリューションを提供し、これはお客様が買い物を計画し、予算を管理し、効率的に商品を見付けるのに役立ちます。

ウォルマートの成長

ウォルマートは1号店を1962年に開店してから成長を続けています。2013年度の年間報告書によると、同社は2013年に小売店売り場面積を1,500~1,700万平方フィート増やす計画を予定しています。