ご希望のディスカウントショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
ディスカウントショップ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

秋のディスカウントショップ情報

節約の秋に!全国にあるディスカウントショップの魅力と活用方法



旅行やグルメなど、様々な楽しみを満喫できる秋。こんな季節だからこそ、日頃の食費や生活費を節約して娯楽を楽しみましょう。では、どのような節約術があるのでしょうか?それは、ディスカウントショップもその方法のひとつ。全国にあるディスカウントショップには節約の手がかりが隠されています。ディスカウントショップの価格や取扱商品に関する知識を参考にし、細かに節約して秋を楽しく過ごしましょう。

ディスカウントショップとはどんなお店か

ディスカウントショップとはどんなお店か

ディスカウントショップには、販売促進費や人件費を抑えて商品の価格を下げる、という戦略があります。「イオン」や「イトーヨーカドー」といったスーパーマーケットに比べると安いイメージがありますが、すべての商品が安いというわけではありません。商品によってはスーパーマーケットの方が安い場合もあるため、何を買うかによってお店を使い分けている人もいます。

ディスカウントショップは、都内よりも郊外に多く展開しています。これは、都内での運営には多くの必要経費がかかる、というのが主な理由。多種多様な商品を揃えて低価格で提供するためには、広い土地の確保と土地代を安く抑える必要があるのです。また、消費者のまとめ買いを想定して駐車場を広く取っているという特徴も。まとめ買いしたくなるような低価格の商品を車で持ち帰ることができるのは、消費者の購買意欲をかきたてる要素のひとつです。

特に独身の消費者にとって低価格な食品やカップ麺、電子レンジ商品などは生活必需品。調理が簡単で保存の利く商品も扱うことによって、ファミリーだけでなくひとり暮らし層を含めた消費者もターゲットにしています。

ディスカウントショップの魅力とは

ディスカウントショップの魅力は、多種多様かつ低価格な取扱商品。食品から日用品、生活雑貨、家電などが揃っています。食品においてはスーパーマーケットよりも品揃えが少ないものの、一部の商品を特価品として売り出しているのが消費者にとって魅力的。また、特売商品を設置することによって、消費者に安さのイメージもアピールしています。

特に郊外のディスカウントショップは、駐車場が広いことも、魅力のひとつ。まとめ買いや大きな家具・家電を買う場合でも、車で気軽に訪れることが可能です。駐車場の広さに加え、飲食やサービス業を一緒に行なっていること、主要幹線道路に面した立地であること、長時間営業していることなどを合わせた、ロードサイド型店舗の形態を取っているのが、郊外型ディスカウントショップ。店舗によっては年中無休で営業している場合もあり、好きなときに訪れたいという消費者の需要を満たす魅力を持ち合わせています。

娯楽を優先させるのに節約を考える秋においては、少しでも価格の安い商品を購入することが節約のポイントです。

ディスカウントショップ業界の動向

競合と言われるスーパーマーケット、ドラッグストアに対抗していくためには、ディスカウントショップならではのPRやアピールが必要。

ユニークな陳列法で知名度の高い「ドン・キホーテ」は、家具やブランド品に注目した低価格設定を実施。一方「ロジャース」や「ダイレックス」といった総合ディスカウントショップは、プライベートブランドを立ち上げ、オリジナル商品にも力を入れています。また、深夜営業を行なうことで、遅い時間帯でも欲しい物を買いに行ける環境を作っているディスカウントショップも多く、利便性の面でも消費者の支持を集めようとしているのです。さらなる需要拡大を目指して、様々な取り組みがなされているディスカウントショップ業界に、ぜひ注目してみてはいかがでしょうか。

ロード中
ロード中
ロード中

秋の一大イベントと言えばハロウィン。ディスカウントショップでは、ハロウィンをより楽しめるグッズがリーズナブルに購入できるとあって、多くの人が訪れます。

ハロウィングッズを揃えよう

ハロウィングッズを揃えよう

「ハロウィン」とは、毎年10月31日に行なわれる祭のことで、元々は秋の収穫を祝う宗教的な意味合いの強い行事でした。しかし、現代ではアメリカを中心に民間行事として定着し、日本でも子どもがお化けに仮装してお菓子をもらったり、パーティーを行なったりと身近なイベントになってきています。

この時期のディスカウントショップでは、秋のハロウィンイベントを一層盛り上げてくれるハロウィングッズがたくさん販売されています。中でも、おすすめのハロウィングッズをご紹介しましょう。

コスプレ衣装

秋のディスカウントショップには、大人から子ども、赤ちゃんまで家族全員で楽しめるハロウィン用のコスプレ衣装が揃います。中でも子どもに人気の衣装と言えば、男の子なら「ハリーポッター」や「トイ・ストーリー」などのキャラクター物。中には「忍者」など、日本らしいコスプレも人気です。女の子は「魔女」や「魔法使い」などハロウィン要素の高い衣装から、「プリンセス」や「ティンカーベル」などを意識した女の子らしいドレスまで様々。あまりの可愛さから、コスプレ衣装をたくさん購入してしまう親御さんも多くいます。

お菓子

ハロウィンのお約束ごとと言えば「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!)」。子どもたちが仮装をし、お菓子を入れるカゴを持って大人のもとを訪れます。そのため、「お菓子」はハロウィンの準備をする上で絶対に用意しておきたい重要アイテムなのです。

ディスカウントショップでもハロウィンに合わせた、様々なお菓子を販売していますが、ちょっとこだわって手作りクッキーなどはいかがでしょうか。ディスカウントショップでは、ハロウィン向けのクッキーの型やパーツ、お菓子作りのレシピ本なども販売しています。

手作りのお化け型クッキーやかぼちゃクッキーに、子どもたちはきっと喜んでくれます。

大人のハロウィン

子どもだけでなく、大人にとっても楽しみなハロウィンイベント。ディスカウントショップでは、大人向けのハロウィン衣装もたくさん販売しており、ハロウィンの晩には各々の好きな衣装にコスプレした大人たちが、街を練り歩く様子が見られます。また、衣装だけでなく化粧にも注目。ディスカウントショップでは、演劇や舞台用のメイクに使われる「ドーラン」を取り扱っているところも多く、個性的なキャラクターになりきるための白塗りメイクをバッチリ決めることができます。

また、酒類も取り扱っているディスカウントショップでは、ハロウィンにピッタリなお酒の販売も行なっています。海外イベントだからこそ飲みたい本格ワインや、ハロウィンのかぼちゃにちなんだ「かぼちゃ焼酎」などが人気。どれもハロウィンに合わせたオリジナルラベルとなっているので、飲んだあともインテリアとして飾っておけるところもポイントです。

くしの日(9月4日)

9月4日は「く(9)し(4)」の語呂合わせから制定されているくしの日。美容用品も数多く扱うディスカウントショップでは、様々な種類のくしを販売しています。

普段、何気なく使用しているくしですが、実は頭皮の健康や美髪のケアには、適切なくしと正しいブラッシングが不可欠。くしは単に髪を整えるだけでなく、頭皮や髪の汚れを落とし、頭の血行を良くする効果もあるのです。

髪量が多く髪の毛が絡まりやすい人には、隙間が多く目が粗い「スケルトンブラシ」がおすすめ。髪が絡まりにくくなり、ダメージが減ります。

丸棒の360℃すべてにブラシが付いている「カールブラシ」は、くせ毛でまとまりにくい人や、ドライヤーで髪型をセットしたい人向けです。

また、ブラシの先が丸くなっており、ラバー部分のクッション性が高い弾力性のある「クッションブラシ」は、髪の毛がやわらかく細い人や毛量が少ない人に最適。

このように一言でくしと言っても特徴や種類は様々です。このくしの日をきっかけに、自分の髪質に合うくしを、品揃え豊富なディスカウントショップで探してみて下さい。


秋はいろいろなイベントが目白押し。ディスカウントショップではいろいろなイベントに対応したグッズが安く揃うので、とても便利です。リーズナブルな商品を利用してホームパーティーを開くのも良いでしょう。また、スポーツや防災などこの時期に欠かせないグッズを手に入れるのも最適です。

手軽なホームパーティー

手軽なホームパーティー

国際化が進み、外国ではお馴染みのホームパーティーを行なう家庭も増えてきました。秋晴れの日には、多くの友だちを集めてガーデンパーティーをすると最高の気分になります。本来はホストが料理を作っておもてなしをしますが、みんながそれぞれに好きな料理を持ち寄って食べるのも楽しみ方のひとつ。大皿にいろいろな料理を盛り付け、ビュッフェスタイルで、好きな物を取るようにすればゲストにも喜ばれます。また、ガーデンパーティーならバーベキュースタンドを使って外でお肉を焼きながら、談笑するのも悪くありません。ビールやワイン、ソフトドリンクならケースごと買っておけば、切らす心配もありません。冷蔵庫に収まらないときは、クーラーボックスを利用したり、大きめのボウルに氷を入れて冷やしておくと良いでしょう。

パーティー用に大勢で食べる食材を買うなら、ディスカウントショップがお買い得です。肉や野菜、スナック菓子やスイーツなど種類も豊富に揃っているので、まとめ買いをすればリーズナブルにホームパーティーができます。パーティーグッズもいろいろ揃っているので、みんなで遊んだりはしゃいだりすることもできます。なかでも賞品が当たるビンゴゲームはパーティーを盛り上げるアイテムのひとつ。賞品には面白グッズやサプライズグッズを用意しておけば、より一層、場が盛り上がります。

食器類もホストの後片付けの手間を配慮して、紙コップや紙皿を用意すると良いでしょう。また、子ども連れで来るゲストのために、プラスチック食器やコップを用意しておくと安心です。ディスカウントショップで調達した食材やグッズを使って、ひと味違った秋のひとときをゆっくり楽しみましょう。

リクレーショングッズ

秋は、スポーツを始めたり体を動かそうとするには最適な季節です。本格的に運動を始めるにはためらいがある人や、今だけ公園や広場などで家族や友人たちとバドミントンをしたり、テニスをして遊びたい人には、リクリエーショングッズがおすすめです。ラケットやラバーボウルなど、本格的な道具まではいかないけれど、スポーツと同じような楽しみ方ができます。バドミントンやテニスのラケットは、スポーツショップでは本格的な物を販売していますが、ディスカウントショップではもっと簡易的な安価のラケットを手に入れることができます。材質や耐久性などでは本格的な道具より劣りますが、ゲーム感覚や遊び程度で楽しむなら十分使うことができます。遊びで興味を持ったら、本格的なラケットを購入することもできるので、リクレーショングッズは、スポーツを楽しむ入口の道具とも言えます。特に、子どもには、スポーツの適性を見たり、興味があるかどうかを知るには便利です。

また、ダンベル、エキスパンダ、握力グリップなど筋力アップや健康維持のグッズもディスカウントショップなら豊富なので、強化したい部分に合わせて選ぶこともできます。まずは安価な道具で試して、ステップアップで本格的な道具に移行するのも良いでしょう。

常備品を買い置き

9月1日の「防災の日」をはじめ、秋は台風が近づいてきたり、暖房を使い始めることから防災意識を強くもつ必要がある季節です。日常の安全を確認しておくとともに、災害発生に備えて防災用品を用意しておくことも大切。防災用品として食料や水、救急用品を常備しておくためにカップ麺やスナック菓子、ペットボトルの水などはディスカウントショップでまとめ買いしておきましょう。カップ麺やスナック菓子は普段でも食べることもありますので、常備しておけば子どもたちのおやつにも困りません。ただし、どの食品にも消費期限がありますので、注意しておくことが大切です。

災害はいつやって来るか分かりませんので、意識を持って備えておくことが防災活動に繋がります。


酒類を販売するディスカウントショップにとって、秋のボジョレー・ヌーヴォーの解禁は一大イベントです。世界の主要都市よりいち早くその味を堪能できるとあって、ワイン通もこの日ばかりは、先を争って新酒に舌鼓を打ちます。

ボジョレー・ヌーヴォー解禁

ボジョレー・ヌーヴォー解禁

毎年11月第3木曜日になると、ボジョレー・ヌーヴォーが世界中で解禁となります。日本は経度の関係上、世界の先進国に先駆けて解禁日を迎えるため、午前0時になった瞬間に販売が開始されます。ワイン通はこの日を楽しみにしており、いち早く新酒のワインの味を賞味したいと酒店へ向かいますが、お酒のディスカウントショップでも、入荷の宣伝を行なって新酒の解禁をPRします。

ボジョレー・ヌーヴォーとは、世界の中でも有数のワインの産地・ブルゴーニュ地方のボジョレー地区で、その年に収穫されたブドウから造られる赤ワインの新酒のことです。ボジョレー・ヌーヴォーは、ブドウの房ごとタンクに入れて発酵させる独特の製造方法のため、渋みも少なく、口当たりが良いため、初めての人でも飲みやすいワインとされています。通常のワインでは、一定期間寝かせて、熟成中のまま出荷されますが、ボジョレー・ヌーヴォーは熟成すると味が落ちることから、ブドウを収穫したらすぐに醸造し、ボトルに詰めて出荷されます。このため、購入後はできるだけ早く飲むことが推奨されています。

日本では1968年から輸入され、1980年代のバブル期には大ブームとなり、今では毎年報道でも伝えられる程の一大イベントとなっています。解禁日には、お酒のディスカウントショップに足を運んで、新酒の味を堪能してみましょう。

ボジョレー・ヌーヴォーの誕生と楽しみ方

ボジョレー・ヌーヴォーの誕生と楽しみ方

ボジョレー地区は、フランス・ブルゴーニュ地方の南部にあって、丘陵地帯が広がり、ブドウ栽培に適した土地です。この地区では紀元2世紀頃からワイン造りが始まったとされています。赤ワインの他に、白ワインやロゼワインも造られていますが、ほとんどはガメ種からつくられる赤ワインで、白ワインはボジョレー ヌーヴォーとして認められていません。現在ではこの地区にある村で造られるものを「ボジョレー・ワイン」と言い、その年のうちに仕上げたのがボジョレー・ヌーヴォーとなります。中でもアペラシオン北部の10の指定栽培地(クリュ)で産するワインは「クリュ・ボジョレー」と呼ばれ、特に優れたワインとしてアペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ(ACC)に認定されています。以前は、ブドウの収穫を祝い、感謝するとともに、ブドウの作柄を確認するために造られており、1900年代の中頃までは、ボジョレー地区周辺の人たちだけがその味を楽しんでいました。1951年になると、フランス政府が軍隊へのワイン供給を確保するため、ワインの出荷を12月15日までとする省令を出し、出荷期限の制限を行ないました。これを受けたボジョレー地区の生産者協会は、新種を通常より早く販売したいという要望を政府に出し、政府から正式に認められたため「12月15日の解禁を待たずに販売できるワイン」として認定されました。これがボジョレー・ヌーヴォーの誕生です。

ボジョレー・ヌーヴォーが、世界中で愛飲されるようになったのは第二次世界大戦後で、ボジョレー・ワインの醸造家が、世界中にボジョレー・ワインの味を知ってもらいたいと、生産農家をひとつにまとめ、世界中でイベントを開いてボジョレー・ワインを大々的にPRしました。これが功を奏して、次第にファンが増え、ボジョレー・ワインは世界的に有名なワインとなりました。

ボジョレー・ヌーヴォーは、14~16℃に軽く冷やしたほうが楽しめます。鶏肉やソーセージ、パスタなど比較的どの料理とも相性が良いので、自分で最適なマリアージュを探してみましょう。