ご希望のディスカウントショップ情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
ディスカウントショップ
トップページへ戻る
トップページへ戻る

夏のディスカウントショップ情報

ディスカウントショップのドン・キホーテで夏グッズを安く購入



夏のレジャー用品や紫外線対策グッズなど、限られたシーズンしか使用しない物は、少しでも出費を抑えたいものですが、そんなときこそディスカウントショップが便利です。中でもドン・キホーテは扱う商品が豊富。さらに、季節ものだけを集めた売り場が作られているので、夏に役立つ思わぬ掘り出し物に出会うこともあるのではないでしょうか。今回は夏のグッズを中心に、ドン・キホーテに訪れるメリットを紹介します。

夏のレジャー用品を探すならドン・キホーテで

夏のレジャー用品を探すならドン・キホーテで

ドン・キホーテは商品ごとにポップを打ち出すことで他社と差別化を図っています。ダジャレや時事ネタを盛り込んだカラフルなポップは、消費者の目を惹きつけるドン・キホーテならではのアイテム。

商品の内容説明が記載されたり、思わずクスっと笑ってしまうような絵が描かれていたりと、ドン・キホーテでしか見られない楽しい光景が訪れる人の目を楽しませます。

そんな売り場の面白さもさることながら、エンターテイメント性の高い商品もドン・キホーテの魅力。例えば浮き輪なら動物の姿を型取ったものや、成人男性でも余裕のある巨大なものなど、思わずわくわくしてしまう商品が多数あります。

海やプールで注目を浴びたい方、SNS投稿の写真用に派手なものを購入したい方にもおすすめのグッズ。また、水着であれば幼児用から大人用まで家族分が揃い、乳幼児がいる家庭であれば、水遊び用のオムツも手に入ります。レジャー用品をお探しの人は、ユニークな店内を探索しつつドン・キホーテで揃えてみてはいかがでしょうか。

ディスカウントショップで夏の日射し対策を

夏と言えば紫外線が気になる季節。日傘やアームカバーなどの雑貨から日焼け止め乳液などの化粧品までドン・キホーテで購入することができますが、通常ホームセンターに行かなければなかなか手に入らない車の日射しカバー、ベランダに使う日よけシート・すだれなど、物に対する日焼けを防止するグッズも豊富。

ホームセンターよりも安く買えることもあるので、目的・シーンに合わせて、夏を快適に過ごせるアイテムをドン・キホーテで購入しましょう。

実際に店舗に足を運んで様々な新商品の発見をするのが楽しいドン・キホーテですが、外出できない場合は、ドン・キホーテのONLINEショッピングモールがおすすめ。

ファッション・アウトドア・花火など細かくカテゴリ別に表示されているため、パソコン操作が苦手な方でも分かりやすいサイトです。欲しいものが明確に決まっている場合はキーワード検索も可能。

夏には夏の特集として特設サイトが開設されるため、どのようなグッズがあるのか確認したい方は利用してみましょう。注文内容・金額によっては配送料が無料になる場合もあります。

新しいディスカウントショップMEGAドン・キホーテUNY

2017年11月に新しいタイプのディスカウントショップが設立されました。それがMEGAドン・キホーテUNY。名前の通りドン・キホーテとユニーホールディングスが合わさった店です。

食品売り場を例に挙げると、従来のドン・キホーテでも食品売り場が設置されていましたが、ユニーの強みであるスーパーの品揃えの良さを導入することで、より生鮮食品・日用品の品揃えが良くなりました。

また製氷機の設置・純水の無料提供など、消費者に喜ばれるようなサービスも行なっています。夏であれば、ドン・キホーテでプール用品、ユニーで水分補給できるものを購入するといった使い方ができるのです。

様々なジャンルの商品を安く買えるドン・キホーテと、プライベートブランド商品が充実したユニー。2018年1月11日の日経新聞によると、2018年2月にオープンした横浜市の第1号店を皮切りに、今後も店舗数は増える見通しです。

MEGAドン・キホーテUNYはホームセンター・雑貨店・スーパーなどあらゆる機能を持つ店舗として、消費者に重宝される存在になると言われています。

ロード中
ロード中
ロード中

日本全国には様々なディスカウントショップがあり、扱う品目も食品や日用品、レジャーグッズに海外ブランド、家具や家電と様々です。そんなディスカウントショップの中でも特にファンが多く、そこに行くこと自体がひとつのレジャー感覚で愛されている店として挙げられるのが、1983年(昭和58年)にアメリカのシアトルで誕生した「コストコホールセール」。世界各国に約600店を構え、日本でも25店舗(2017年4月現在)を展開していますが、2017年(平成29年)の夏には静岡県の浜松にもオープンが決まっています。

2017年の夏にオープン!浜松にコストコがやって来る

2017年の夏にオープン!浜松にコストコがやって来る

2016年(平成28年)の11月、コストコホールセールは2017年(平成29年)の夏に静岡県下初となる浜松市への出店計画を発表しました。発表によるとオープンは7~8月頃を予定しており、他のコストコが駅から離れた立地であるのに対し、浜松に誕生する店舗は駅に近いのが特徴です。この「コストコ浜松倉庫店(仮称)」は、旧「イトーヨーカドー浜松宮竹店」の跡地である「浜松プラザ・イースト」に建設され、店舗となる大型倉庫と約800台もの駐車場を予定。なお、コストコは非常に大型の倉庫スタイルを採用した店舗であることから必要とされるスタッフの数も約300~400人が見込まれており、地元の雇用促進にもつながると出店が好意的に受け止められています。

コストコで買い物する仕組み

コストコは会員制というシステムが採用されているため、会員にならないと買い物ができません。会員になるためには、法人会員の場合は3,850円、個人会員は4,400円(ともに税別)の年会費を払って会員カードを受け取る必要があります。一見するとこの年会費は高いのではないか、と思う人も多いようですが、実際に会員が世界全体で約8,730万人いることから、会費を支払っても得るメリットが大きいことが分かるでしょう。なお、会員登録はコストコのホームページからインターネットを使って事前登録ができるため、会員登録に長蛇の列ができる新規店舗の場合などは、あらかじめオンラインで登録を行なっておくと便利です。

コストコ初心者が何を買うか?

コストコが扱っている商品は、生鮮食材や冷凍食品、惣菜などを含む食品類に「スパイス」、「アルコール」、「花」、「ソフトウエア」や「家電製品」、「ファッションアイテム」、「工具」、「ペット用品」、「おもちゃ」、「レジャー用品」など非常に幅広く、大型スーパーとホームセンターが一体化したような豊富な品揃えが魅力のひとつ。

店舗自体が広いことからじっくりと見て回るのにはかなりの時間を要し、また、大半の商品がアメリカの会社らしくビッグサイズの業務用です。そのため家族数が少ない家庭では友人とシェアするなどして購入するケースも多いものの、中にはサイズが大きく量が多すぎて、生鮮食品などは購入しにくい場合もあるでしょう。そこで、コストコで買い物し慣れていない人におすすめしたいのが、賞味期限が長い加工食品や衣類など。ちなみに、ファッションアイテムもコストコの人気商品であり、「パタゴニア」や「UGG」といった人気ブランドが格安で購入できることでも知られています。

また、コストコのプライベートブランドである「カークランドシグネチャー」は、衣類やワイン、食料品など様々なジャンルの商品を展開。数あるプライベートブランドの中でも品質の高さに定評があります。カークランドシグネチャーは現在アメリカで最も支持されているプライベートブランドなので、初めてコストコに行き何を買うか迷った場合は、まずはこのマークを探してみましょう。


家電製品から飲料に食品、衣料品まで、あらゆる製品を通常価格よりも安く買えるのがディスカウントショップ。スーパーのように1店で様々な種類の商品を扱うディスカウントショップもあれば、家電製品などひとつのジャンルに特化したお店まで、その形態は多岐に亘ります。

夏のボーナスで家電を一新

夏のボーナスで家電を一新

会社勤めのサラリーマンにとって夏の楽しみと言えば、やはり夏のボーナスではないでしょうか。ボーナスの使い道は様々ですが、貯蓄やレジャーの他、大型の家電製品を買い替えるという人の割合も高いです。家電製品の中でも洗濯機や冷蔵庫、エアコンなどは高価なため、ディスカウントショップを利用してリーズナブルな商品を購入するのがおすすめです。家電製品を扱うディスカウントショップには、大手の家電小売ショップが運営しているアウトレットのようなタイプと、家電にかかわらず家具なども含めた新古品や中古品を扱うディスカウントショップがあります。新品にこだわるのであれば前者が適していますが、中古品のなかにも比較的新しいものや、購入したものの引越しなどで不要になった、という理由で販売された新品があることも多々あります。また、ディスカウントショップで扱っているのは、旧タイプのモデルがほとんどなので、あらかじめ欲しい電化製品の機能を事前に調べておくことをおすすめします。

掘り出し物も続々

ディスカウントショップのなかでも、日本人はもとより、日本に旅行で訪れた外国人観光客からも高い人気を得ているのが、高級時計や海外ブランド品を扱うお店です。これらの商品の多くは並行輸入で仕入れたものであるため、ブランドの直営店で購入するよりも何割か安く購入することができます。なかでもバッグや衣料品の場合、直営店では定番品を除いて最新デザインの商品を並べていますが、ディスカウントショップの場合は、独自の輸入ルートで仕入れるために過去のモデルやデザインの商品が販売されています。以前、欲しかったものの、そのときに買い逃したデザインに出会えることもある他、直営店では売り切れになっていたバッグが並んでいるケースもあります。

こういったブランド品以外にも、大型ディスカウントショップでは季節に応じた商品を多彩に扱っています。夏ならばキャンプなどのアウトドア用品にキッズ用のゴムプール、海水浴グッズなどが販売されているので、行楽用グッズをお探しの場合も一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

スポーツ用品を格安で

ひとつのジャンルに特化したディスカウントショップのなかでも多く見られるのが、スポーツ用品やスポーツウエア、スポーツシューズを扱うお店です。スポーツ専門のディスカウントショップでは、数ある有名スポーツメーカーの商品が一度に見られるだけでなく、定価よりもお得に購入できるのが魅力です。スポーツ用品の大半が使ううちに傷んでくる消耗品であるため、できるだけリーズナブルに手に入れられるのがうれしいポイント。もちろんスポーツ仕様だけでなく、スニーカーやアパレルなどは外出着としても着用できます。また、最近の登山ブームを受け、アウトドア用品やウエアを扱うディスカウントショップも増えています。

他にも、期間限定のものは、ビルや大型施設のスペースを借りて開催することが多く、期間前にはTVや新聞で告知広告を出しています。まずは情報をチェックして、自分が欲しいものをディスカウント価格で扱っているお店を探してみましょう。


浴衣姿で線香花火というのは、日本の夏の風物詩です。ディスカウントショップなら、いろいろな花火がセットで販売されており、家族や友だちと一緒に過ごす束の間の花火は、いつまでも懐かしい思い出として残ります。そして夏の夜の楽しみと言えば、やっぱり冷たいビールでしょう。暑い日に飲むビールの味は、格別なものです。ここでは、健康を気にする人にも安心して飲める体に優しいビールをご紹介します。

おもちゃ花火

おもちゃ花火

夏になると、夜に公園などで花火をするのが楽しみのひとつです。花火大会の花火のような迫力はありませんが、家族や仲間と庭や公園などで行なう花火も風情があります。家庭用の花火はおもちゃ花火と呼ばれ、種類も豊富にあります。ディスカウントショップでは多くの種類の花火を詰め合わせた花火セットに人気が集まり、夏の定番商品となっています。

おもちゃ花火は家庭用花火とも言われ、手持ち花火、打ち上げ花火、噴き出し花火、ロケット花火、仕掛け花火などの種類があります。手持ち花火の代表としては線香花火が有名で、火を点けるとパチパチと音を立てて細かい火花を散らす光景は、古くから親しまれています。打ち上げ花火は、地面に設置して筒から連発で花火が飛び出すもので、おもちゃ花火の中では迫力があります。噴き出し花火は、地面に設置して火を点けると、色とりどりの火花が噴水のように噴き出すもので、途中で色が変わったりするものもあり、十分な明るさがあります。また、ロケット花火は、ヒューという音を立てながら上昇し、上空でパンと音が鳴る花火です。中には50m程まで上昇するものもあります。人気の高い仕掛け花火は、地面で火を噴きながら回転したり、打ち上げ後にパラシュートが開いたりと多彩な種類があります。サルやサンタクロースの人形を花火で打ち上げ、パラシュートに吊られて下りてくる凝ったものもあり、夜だけでなく昼間にも楽しめます。

おもちゃ花火は毎年進化して、いろいろな種類の花火を楽しむのも面白いでしょう。ただし、近所の迷惑にならないよう注意し、火薬類なので取扱説明書や注意事項をよく読んで、危険な行為をしないようにしましょう。また、子どもだけでは遊ばせるのではなく、大人がきちんとそばにつくようにしましょう。水の入ったバケツなどを用意するなどルールとマナーを守って、正しく遊べば、夏の良い思い出になります。

体に優しいビール

体に優しいビール

ビールのおいしい季節がやって来ました。お酒のディスカウントショップでも、各種ビールを店頭に並べたり、大量のビールを倉庫に山積みにしたりして、本格シーズンを迎えます。仕事帰りやお風呂上がりの一杯は、体に染みこむように格別です。苦みやのどごしの良さで多くの人に好まれているビールですが、最近はプリン体をカットしたものや糖質を0にしたものなど、健康志向のものが登場しています。これはビールに含まれる成分の中で、体への負担を軽減するために誕生しました。

プリン体は、旨味成分とされており、穀物、肉、魚、野菜など食物全般に含まれています。通常は体内で分解されて尿酸に変化し、排出されますが、尿酸の量が排出能力を超えると体内に蓄積され、痛風の原因になるとされています。酒類では蒸留酒より醸造酒のほうがプリン体を多く含み、ビールや発泡酒などにも含まれています。量はそれほど多くはありませんが、毎日お酒を飲む人は蓄積量も多くなり、痛風にかかる確率が高いと言われています。プリン体をカットしたビールは、痛風にかかる危険度を低減しているので、毎日飲む人でも安心ですが、飲みすぎには注意しましょう。

また、アルコールはカロリーが低く、あまり太らないと言いますが、ビールや発泡酒のカロリーの約3分の1が糖質で、これが脂肪に変化します。飲む量が多いと当然多くの脂肪が体につくことになります。ダイエット中や脂肪が気になる人は、糖質を抑えたビールを飲むことをおすすめします。

体に優しいビールなら、暑い夏でも気がねなくおいしく飲めますが、やはり飲み過ぎには注意しましょう。